イメージ画像

製薬会社で働く薬剤師の業務内容

薬剤師といえば、調剤薬局に病院、ドラッグストアなど様々な場所でのお仕事が有りますが、薬剤師としてやはり憧れるのは製薬会社などの企業で働くことだと思います。企業で働く薬剤師は他の職場とは仕事内容が異なってきます。

企業で働く薬剤師の業務にはまず1つめに営業業務があります。企業で勤務する場合、多くの薬剤師はMRという営業業務が主なお仕事となります。MRとはMedicalRepreresentativeの略称で医薬情報担当という意味です。

営業と言っても、 製品販売を促進する営業業務ではなく、 医薬品についての情報を提供と収集することが 主なお仕事となります。

医薬品について、正しい使い方を伝え、 副作用を減らすようにし、 正しい流通へ導くことがMRの目的なのです。 しかし、実はMRには薬剤師の資格が必要ではありませんが、 多くの薬剤師の人が携わっているお仕事となっているのです。

そして2つめに、治験業務があります。 治験とは治験志願者などに新しく開発された薬を 試して使用し、データを収集します。 そして、厚生労働省に認可してもらえるようにするのが 目的であり、薬学についての知識が必要となりますので 多くの薬剤師の人が活動されています。

3つめは、海外の文献を翻訳する業務もあります。 翻訳し、企業がその薬を正しく使えるようにするのが 主な業務であり、英語力が必須です。 英語力を活かしたい薬剤師にはおすすめですね。

4つめは研究開発業務です。 文字通り、薬についての研究、新しい薬の開発を するのがメインのお仕事になります。 製薬会社で勤務している薬剤師の仕事といえば、 研究開発というイメージがあるかと思います。

薬剤師の資格は勿論必須ですが、 研究開発の場合は高学歴であることが 要求されるため、薬剤師の中でも エリートと呼ばれる職種となっていますね。 薬剤師の派遣では、こういった製薬会社で 就業することも可能であり、紹介予定派遣の場合は、 就業先企業で正社員になれる可能性もあります。

調剤薬局やドラッグストアで勤務している人で、 もしも今すぐに製薬会社で働きたいと思ったなら まずは派遣社員から始めることが確実だと思いますよ。

このページの先頭へ