イメージ画像

管理薬剤師の勤務時間・残業について

管理薬剤師は、勤務先の職場や店舗、企業や医薬品製造工場における責任者です。管理薬剤師は、薬剤師の指導・監督や医薬品の管理全般、在庫管理などに関する業務を一手に引き受けるため、その仕事量はかなりのものとなっています。では、管理薬剤師の勤務時間の長さはどの程度のものなのでしょうか?

管理薬剤師の勤務時間は「週に40時間確保すること」と定められています。これは、一般的な正社員待遇の薬剤師と比較して同程度のものです。しかし、管理薬剤師はその性質上、営業時間中に常駐している必要があるため、一日8時間(=週40時間)で業務が終わらず、残業が増えていく傾向があります。

ここで気をつけたいのが、管理薬剤師の役職手当と残業代についてです。管理薬剤師は一般の薬剤師に比べて業務内容が濃く、一日にこなさなければならない仕事量も多くなっています。そのため必然的に残業が増えることが多いのですが、勤務先によっては残業代が支払われないケースもあるのです。

管理薬剤師の場合、「管理薬剤師手当」という役職手当がつくのが一般的ですが、この手当の中に残業代がすでに含まれている、とする薬局や会社・企業も存在します。

残業代は支払い義務があるものですが、役職手当に含めることも実は可能ですので、管理薬剤師として働く場合には、事前にこの点をしっかりと明確にさせておくことが重要となります。

医療や患者への貢献を考える薬剤師にとって、管理薬剤師は目指す価値のある有意義な役職であると言えます。管理薬剤師となった場合、当然その責任や職務は重くなることになりますが、一薬剤師として働いていては見えてこない、管理者としての視点を得ることができますし、大きなやりがいを実感することも出来ます。

それだけに、日々の業務に必要となる気力や体力も増し、仕事にかかる時間もより多くなっていきます。管理薬剤師を目指す方は、この点を踏まえ、残業やハードな業務に対する覚悟を固めておく必要があると言えるでしょう。

このページの先頭へ