イメージ画像

調剤薬局・ドラッグストア薬剤師の仕事内容

病院やクリニックがあるところには、多くの場合、側に調剤薬局が見られます。調剤薬局は調剤室を持つ薬局で、常駐の薬剤師が、患者さんが持参した処方箋に沿った調剤を行っています。

調剤薬局の薬剤師は、調剤以外にも薬の管理や患者さんへの服薬指導などを行っており、業務は多岐にわたります。そのため、調剤薬局は薬剤師という仕事に遣り甲斐を求める方に適した職場だと言えます。

また、薬局によっては薬剤師がレセプト(保険請求業務)を行うケースもあるようですが、近年、薬局のシステムも電子化しているため、薬剤師の負担も軽減されつつあるようです。但し、パソコンの操作が必須となるため、オフィスソフトや専門ツールを使いこなす知識とスキルは必要となります。

調剤薬局の求人率を見てみると、中堅以上の薬局チェーンでは新卒採用に積極的になっているのが伺えます。給与面では、不景気を受けて給与水準が徐々に下がっている中、地方の調剤薬局の求人では高い報酬の案件が見られるようになっています。

調剤薬局勤務の薬剤師の平均年収は350万円~550万円となっており、一般企業の管理職に相当する管理薬剤師の場合は、年収500万円~650万円が相場となっています。また、離島や過疎地の調剤薬局に勤務する薬剤師の中には、年収800万円を超える方も見られます。

次に、ドラックストア勤務の薬剤師を見てみましょう。ドラックストア勤務の薬剤師は、実に様々な業務をこなす必要があります。基本的には市販薬の相談業務を行いますが、スタッフの監督・指導や、品出し、売れ筋商品の見極め、POP作成等々、薬剤師専門業務以外の雑用が多いという特徴があります。

そのため、薬剤師としてのやりがいが欲しい、専門的な知識やスキルを身に着けたいと考える方には、ドラックストアはあまり適さない職場という事ができるかもしれません。

但し、ドラックストアの初任給は25~35万円、初年度の年収も430万円~500万円と高水準のため、収入を重視する方にとっては魅力的な職場となっています。また、店舗によっては長時間勤務・深夜勤務が必要となりますが、しっかりと手当が支払われ、有給なども取りやすいというメリットもあります。

このページの先頭へ