イメージ画像

管理薬剤師で高収入は狙える?!

管理薬剤師として働きながら、高収入を狙うことはできるのでしょうか。結論から言いますと、働き方によるといえそうです。 基本的に、管理薬剤師の年収は、平均で600万円前後だといわれていますが、それ以上の年収を狙うのであれば、職場を選ぶ必要があります。

例えば、大規模にチェーン展開しているドラッグストアなどで、管理職に就くことができれば、年収1000万円近くを稼ぐことも不可能ではありません。 ただし、それだけの年収を得るわけですから、薬剤師としての技量はもちろんのこと、リーダーシップなどの人材を管理する能力も問われてきます。

また、都心部では、すでに薬剤師が余っていることもあり、勤務先によっては管理薬剤師を目指すことが難しいケースも十分あり得る話です。 そう言った意味では、常に人材不足で悩んでいる地方都市の方が、管理薬剤師になりやすく、高い年収が狙えるといえます。

とはいえ、好条件で働くことができる求人を見つけるのは、なかなか難しいものです。特に、働きながら仕事を探している場合は、ハローワークへ足を運ぶことが困難だったりします。

そこでお勧めなのは、非公開案件の中から仕事を探すということです。非公開案件とは、薬剤師の求人を専門的に扱っているサイトが独自で持っている、一般公開されていない求人情報のことを指します。

近年、メジャーとなってきた薬剤師専門の求人サイトには、全国各地からあらゆる求人が寄せられており、自力では探すことができない恵まれた待遇で薬剤師が募集されているのです。

一般的に、医療機関や企業が求人を出す際は、手間や時間が掛るため、今すぐ人材が欲しい場合に大変不便だといわれてきました。 また、好条件で求人を出してしまうと、応募が殺到するため、書類選考だけでもかなりの手間が掛っていたのです。

ところが、薬剤師専門の求人を扱っているサイトを利用すると、求人がすぐに反映されるだけではなく、要望に合った人材に絞ってから最終選考することが可能なため、利用する医療機関や企業が増えてきました。

ですから、非公開案件は、好条件な求人が集まりやすくなっているのです。年収だけではなく、今以上にやりがいがある仕事に就きたいと考えているのであれば、是非利用してみてはいかがでしょうか。

医薬分業について 埼玉県薬剤師会

このページの先頭へ